Command Line Interface (CLI)

stencil build

Stencilプロジェクトをビルドします。以下のフラグはbuildコマンドで利用可能なオプションです。

フラグ 説明 エイリアス
--ci 継続的インテグレーション(CI)環境の推奨設定を使用してビルドを実行します。ワーカーの数はデフォルトで4に設定されており、テストでスクリーンショットを取ると、コンソールのログを変更し追加で時間がかかります。
--config stencil.config.tsファイルのパス。Stencilがconfigを見つけるので、このフラグはほとんどの場合必要ありません。さらに、Stencilのconfigは必須ではありません。 -c
--debug デバッグに役立つランタイムコードを追加し、より詳細なログの出力レベルを設定します。
--dev 開発ビルドを実行します。
--docs コンポーネントのタイプ、プロパティ、メソッド、イベント、JSDocs、CSSカスタムプロパティなどに基づいて、readme.mdドキュメントを生成します。
--es5 ES5互換のビルドを作成します。デフォルトではビルド時間を短縮するため、開発中はES5ビルドを作成しません。ただし、プロダクションビルド中は常にES5ビルドを作成します。このフラグを使用すると、開発中にもES5ビルドを作成します。
--log stencil buildのログをstencil-build.logに出力します。ログファイルはconfigと同じディレクトリに出力されます。
--prerender ビルド完了後、www出力ターゲットを使用してアプリケーションを事前にレンダリングします。
--prod バンドルの改善や未使用のコードを削除、最小化するなど、各ファイルを最適化して本番ビルドを実行します。本番ビルドはデフォルトであり、このフラグは--devフラグを上書きする時のみに使用されます。
--max-workers コンパイラが使用するワーカーの最大数。デフォルトでは、OSで使用可能なCPUの数を使用します。
--next "次期の"Stencilコンパイラ機能をテストするためのオプトイン。
--no-cache キャッシュの使用を無効にします。
--no-open デフォルトでは --serveコマンドはブラウザウィンドウを開きます。--no-openを使用すると、ブラウザは自動的に開かなくなります。
--port Integrated Dev Serverのポート。 デフォルトは"3333"です。 -p
--serve Integrated Dev Serverを起動します.
--stats プロジェクトに関する統計を stencil-stats.jsonに出力します。統計ファイルは、configと同じ場所に出力されます。
--verbose ビルドの各ステップに関する追加情報をログに記録します。
--watch 開発中にファイルを監視し、ファイルが更新されると再ビルドします。

stencil test

Stencilプロジェクトをテストします。以下のフラグはtestコマンドで利用可能なオプションです。

フラグ 説明
--spec Jestを使用して .spec.tsファイルをテストします。
--e2e PuppeteerJestを使用して.e2e.tsファイルをテストします。

stencil

フラグ 説明
--help さまざまなフラグを説明するヘルプ情報を表示します。
--version 現在使用しているStencilのバージョンを表示します。

stencil generate <sub-folder>

インタラクティブなコンポーネントジェネレータを起動します。コンポーネントを生成するサブフォルダーを1つ以上指定できます。

BackNext
Contributors