フレームワークとの連携

Stencilの主な目標は、フレームワーク固有のAPIを使用してコンポーネントを記述する必要をなくすことです。これは、すべてのモダンブラウザで動作する標準化されたWeb APIを使用することで実現できます。(フレームワークがサポートしている)ブラウザによって提供されている低レベルのコンポーネントモデルを使用すると、Stencilコンポーネントをフレームワークの内部またはフレームワークなしで動作させることができます。

Stencilと様々なフレームワークとの連携は現在も進行中です。Stencilが成長するにつれて、様々な出力ターゲットに合わせてコンパイルする標準的なWebコンポーネントの作成が容易になることを目指しています。これにより、開発者は共通のAPIを使用して最新のWeb標準に合わせることができます。フレームワークは変化し続けるため、生成されたコンポーネントはより将来性のあるものになります。

以下のフレームワークは連携が開始されていますが、すべての対応が完了しているわけではありません。

Angular

React

Vue

Ember

BackNext
Contributors